ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



photo by naock


photo by miumiu

フレーミングだけでどの程度、写真の表情が変わるのか
名古屋城で同じ『立ち位置・カメラ・露出・ピント』で
友人と比べてみた。

僕の撮った写真(上)は「人物を入れる」という
反則行為(!?)が見られますがフレーミングは人物を
考慮した物ではないので、人物を除いて見て下さい。
友人には『時の運』だと説得しておきました!アハハ

で… 僕の写真はいつもの如く余白を嫌い、万遍なく
上手前の木の枝や下手前の枝の影が取り込まれています。
ただその分、友人の写真と比べると「上手前の木の枝のインパクト」
という観点で見てみると薄いですよね~
1枚の写真の中に『城・木の枝・影・人物』と見所が
増えれば増える程、インパクトが薄れる部分も出てくるはずです。
そうなってくると、もしかしたら写真を見る側からすれば
何を見たらいいのか良く分からない写真になるかも知れません。

でも、僕の目指してきた写真というのは
四角の中の隅から隅・手前から奥まで見られる
インパクトを何点かに分散させた写真なんです。
写真の中の物をと言うよりも写真を見て欲しいからこうなった。
これから自分の写真がどう変わっていくのか楽しみです。

共通データ:LEICA M2 + COLOR-SKOPAR 21mm F4・Rollei R3・D-76
スポンサーサイト

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真





同じ場所で撮影しても、撮る人が変われば
同じものは撮れないような気がします。

それはきっと、各人の視線、視点。

だから、写真は面白いのですね。
【2006/09/20 22:48】 URL | poki : MURAKAMI Masakuni #.h/BtFj2[ 編集]

> pokiさん
そうなんですよね~ 今回確信しました。
フレーミングだけでもこの差。

撮る場所を決めたのは僕だから
もっとmiumiuの写真にも
僕のエッセンスが入るかと思ったけど…

人それぞれ見ているものって違うんですね。
【2006/09/21 11:23】 URL | naock #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トキドキカメラ。, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。